上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
恵美李ちゃん帰って来なすった…!!!

ドゥオーー!!!恵美李ー!!凄い今ドキドキしてる私何これ!

今誰かの左肩を左手で掴んで右肩を右手で上から思い切り叩きたいです。

パンパンパアンっと!ごめっ、ちょっと落ち着く。

お帰り恵美李ー!(ノ∀`*)

そして

はっ…拍手コメントを下さった方が…!!!

こんな記事に…!本当にありがとうござます!!(ノ∇≦*))

橋本 鈴様へ
橋本様も銀魂御好きですかー!嬉しいです!!面白いですよね銀魂!
今週のジャンプは神楽パパン!木曜日のアニメも待ち遠しいですねw
拍手コメント、本当に感激致しました!ありがとうございました!!!



あっ、何かチョコ食べ過ぎました。ちょっとやばいぞ。

ジャンプ買いに行った時に、一緒に買ってきました。

ジャンプとチョコというCP(違うぞ)はもう止めておこうと思います。ポテチは絶対に駄目だ。

以下ジャンプ感想です。長すぎです(ナルト)。壊れています(ナルト)。

今週のジャンプは

お風呂入る前に読んでご飯食べる前に読んで
食べ終わったら読んでスマスマの後も読んで
寝る前にも読むんだから…!!!


表紙は「REBORN!」

山本の笑顔が素敵で何十秒か見てました。

そしてディーノさんを見て和み、ちっちゃい委員長を見つけて感動してました。

人気投票やるんですね。委員長には、デイダラと同じく3位あたりに入ってくれれば嬉しいです。ヒッバッリー!

ちょっとあのその次のページの恭弥に真面目に惚れ惚れしました。

どっか飾りたい。   (あんまり友達呼べない

あらちょっと竜夜、この方白蘭様…!?この方よね!?

-本編-

山本が怒った…!!!

うう。こんな山本は悲しいです。

獄寺そんなに嫌いだったんですね。君何座?   (そこか


*BLEACH*

ウルキオラは?


*銀魂*

神楽パピー登場!ヅラを見てみぬふりするのには、かなりの精神力が入りますね。

前授業中に、…そういう先生に(こら)「先生は髪の毛切るの?」と言った子が居ます。あっ…


*NARUTO-ナルト-*

トビ「やっぱ最後は爆死じゃないっスかあー!

   デイダラ先輩のバカヤロー!!」


もうこの時点で爆笑しました。

デイダラ「ギャーギャーうるせーって言ってんだトビ!うん!」

そうだよね!まだ死なない!

トビ「あ!まだ生きてた…」

ちょっと残念そう。

噂には聞いてましたが、デイダラノースリーブ!可愛いなあ。

「あの眼だ…」ってそんな見てないでよ幻術かかるよ心配だよもううう…!!

って

過 去 話 き た …… !!!!!

桂都のテンションが壊れました。




デイダラ「“暁”だァ?」

兄さんがすでに居てちょっと驚きました。デイダラ結構暁暦長いのかなあ、と思ってたんですが。

っていうか暁ってこういう風にスカウトするんですね。プッ…

デイダラ「知るかそんなもん!
     オイラのアート鑑賞を邪魔すんじゃねェ!」


爆笑。

旦那「こんなガキをオレの連れにしなきゃなんねーのか…
   威勢はいいが、こいつぁ早死にするタイプだぜ。」


爆笑。

兄さん「リーダーの命令だ…
    こいつの能力は役に立つ…」


リーダーが…!!リーダーがスカウトして来いって…!!!爆笑腹痛

デイダラ「オレの能力を知ってんのか?
     お前ら一体…」


鬼鮫「近隣諸国で反国家分子どもに加担して
   爆破テロを起こしているのはアナタですね。
   抜け忍のアナタが、何の目的でそんなことを…?」


やっぱテロ。

デイダラ「目的?そんなもんありゃしねーよ。
     オイラは以来を受けて爆発を起こすだけだ。
     オイラの作品でな。うん!」


デイダラちょんまげじゃなくて後ろに縛ってますね!めっさ可愛い。

旦那「作品?」

デイダラ「見ろ!
どうだ?この洗練されたラインに
二次元的なディフォルメを追求した造形!

うん!まさにアートだ!
だが、オイラのアートはこれだけじゃない!
オイラの作品は流動的だ!
形ある時はただの造形物に過ぎない。うん!
これは爆発する!
その爆発により、その存在を昇華させて初めて
本来の作品になる!」


鬼鮫汗かいてる…!

デイダラ「オイラはその一瞬の昇華にこそ
     アートを感じてならない!うん!
     芸術は爆発なのだァア!!


駄目だこりゃあああ!!!爆笑

旦那「…ウザイな…」

鬼鮫「終わりですか…?」

兄さん「さあな…」

こんなに爆笑したのはアンジャッシュ以来だ。

兄さん「もういい…オレがやろう。」

呆れてるーーー 

デイダラ「!(何だあの眼は?)
     やろうってのか?」


兄さん「オレが勝ったら、お前を“暁”へ連れて行く。」

デイダラ「オイラを…アートをナメんじゃねーぜ…
     オレの忍術は何よりも崇高な芸術だ!うん!!」


バトル。

デイダラ「その程度かよ!(終わりだ…うん!!)」

兄さん「良く自分の姿を見たほうがいい。」

デイダラ「!?」

鬼鮫「危なかったですね…
   もう少しで自爆するところでしたよ。」

旦那「やっぱり早死にするタイプだな。こいつぁ…」

凄いアホ扱いだデイダラ。

デイダラ「幻術…!いつの間に…」

鬼鮫「初めからですよ…イタチさんの写輪眼を見た時
   すでにアナタは幻術の中…」

デイダラ「うっ!  …!」


パアッ……

デイダラ「(これは……芸術だ…)
     !!  チィ!
     (オイラが他人の能力に見入っちまうなんて…
     アレが芸術だと!?そんなワケあるか!
     認めねェ…認めねーぞ!!)」

兄さん「お前の負けだ。」


兄さんの写輪眼の芸術に見とれてる…何か…大好きだデイダラ。

デイダラ「(ふざけるな…オイラの方が上だ。
     オイラの能力はカンペキだ。
     誰にも負けない芸術だ!)
     オイラの方が上だ…負けるハズがねェ!
     あんな…あんな…」


大丈夫デイダラ!キミの方が上だよ!大丈夫落ち着け!駄目だお前が凄く愛らしい…!!!

-現在-

デイダラ「くっ…」

粘土食った。


トビ「あ!起爆粘土を自分の口で食ってるってことは…」

デイダラ「うぷっ…」

やっぱりまずいの粘土!?

やべー!!!超可愛いデイダラ!!!駄目だ私もう!!!
   本当に駄目だ。

デイダラ「とっておきだ。次で殺す!
     トビィ!逃げてろ!!」


優しい…優しいよデイダラ…

トビ「うわ!やべー!!
   C4カルラだ!!」



吐いた。

吐いているのに、粘土吐いてるのに

何故かとてもカッコ良い。

というより、今週のデイダラは何だ?

無償に愛らしい。

これほど、ナルトの世界で好きになった人は居るだろうか。

いや、居ないぞ。居ない。何でこいつはこんなに愛らしいんだ。

なんてキャラだ…!デイダラは

一生私の中に残り続ける…!!!!!



私おかしい。最高におかしい。

でも今週のナルトは本当に凄かったです。もうやだ…こんなに好きになって、死んだら私泣くと思います。

ああもう…

寝よう…寝て忘れよう…

夢出てきそうな勢いです。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://akatukiizonntokaku.blog85.fc2.com/tb.php/152-ee627002
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。